会社分割(簡易吸収分割)に関するお知らせ

2014年1月22日

各位

会社名
株式会社メディカル一光
代表者役職氏名
代表取締役社長 南野 利久
(コード番号:3353)
問い合わせ先
常務取締役経理財務部長 井本 秀景
TEL:059-226-1193(代表)

会社分割(簡易吸収分割)に関するお知らせ

当社は、2014年1月22日開催の取締役会において、2014年3月1日を効力発生日として、当社の完全子会社である株式会社メディシン一光を分割会社、当社を承継会社とする吸収分割を行うことを決議いたしましたので、お知らせします。

なお、本吸収分割は、完全子会社の事業を当社が承継する会社分割であるため、開示事項・内容を一部省略しております。

1.会社分割の目的

当社グループの主要な事業である調剤薬局業界におきましては、厚生労働省が掲げる後発医薬品の使用促進により使用量が今後さらに増加することが予測されます。当社は、現在子会社で行っている医薬品卸事業を承継し、経営判断を一体的に行うことで管理部門の効率化・迅速化を図ることを目的として会社分割を行うことといたしました。

2.会社分割の要旨

  1. 分割の日程
    分割の日程
    吸収分割決議取締役会2014年1月22日
    吸収分割契約締結2014年1月22日
    吸収分割の予定日(効力発生日)2014年3月1日

    注)本吸収分割は会社法第796条の規定による簡易吸収分割であり、また株式会社メディシン一光においては会社法第784条の規定による略式吸収分割でありますので、株主総会の承認を得ることなく行います。

  2. 分割方式
    株式会社メディシン一光を吸収分割会社とし、当社を吸収分割承継会社とする吸収分割です。
  3. 分割に係る割当ての内容
    株式の割り当て交付はいたしません。
  4. 当該組織再編に伴う新株予約権および新株予約権付社債に関する取扱い
    該当事項はありません。
  5. 分割により減少する資本金等
    本吸収分割による当社の資本金等の減少はありません。
  6. 承継会社が承継する権利義務
    効力発生日における吸収分割会社の卸事業に関する資産、負債、およびこれらに付随する権利義務を重畳的に承継します。
  7. 債務履行の見込み
    本吸収分割後、当社および吸収分割会社における債務の履行に支障を及ぼす事態は現在のところ予想されておりません。

3.分割当事会社の概要(2013年12月31日現在)

合併当事会社の概要
(1)名称 株式会社メディカル一光
(吸収分割承継会社)
株式会社メディシン一光
(吸収分割会社)
(2)所在地 三重県津市西丸之内36番25号 三重県津市藤方501番地の62
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役 南野 利久 代表取締役社長 迫間 祥浩
(4)事業内容 調剤薬局の経営 医薬品の卸業
(5)資本金 917百万円 30百万円
(6)設立年月日 1985年4月17日 2006年3月1日
(7)発行済株式総数 2,035,000株 600株
(8)決算期 2月末 2月末
(9)大株主および持株比率
(2013年2月末)
イオン株式会社 26.61%
株式会社南野 10.13%
南野利久 9.45%
ハウス食品株式会社 9.39%
メディカル一光従業員持株会 5.19%
株式会社メディカル一光 100%
(10)直前事業年度の財政状態および経営成績
決算期 2013年2月期(連結) 2013年2月期
純資産 5,025百万円 283百万円
総資産 16,477百万円 467百万円
1株当たり純資産 2,622円92銭 472,760円56銭
売上高 20,574百万円 1,228百万円
営業利益 1,099百万円 82百万円
経常利益 1,031百万円 83百万円
当期純利益 790百万円 54百万円
1株当たり当期純利益 412円78銭 90,445円78銭

4.分割する事業部門の概要

  1. 分割する事業の内容
    医薬品卸に関する事業
  2. 分割又は承継する部門の経営成績(2013年2月期)
    分割する事業の売上高(a) 当社実績(連結)(b) 比率(a/b)
    1,228百万円 20,574百万円 5.97%
  3. 分割又は承継する資産、負債の項目及び金額
    項目 帳簿価額 項目 帳簿価額
    流動資産 460百万円 流動負債 288百万円
    固定資産 87百万円 固定負債 259百万円
    合計 547百万円 合計 547百万円

    (注)上記の金額は、2014年3月1日の効力発生を前提に 2013年12月31日時点で試算したものであり、効力発生日までの増減を加味するため、実際に分割する資産、負債の金額とは異なる可能性が有ります。

5.会社分割後の状況

分割承継会社における、本吸収分割による商号、事業内容(本吸収分割の対象となっている事業を除く)、本店所在地、代表者、資本金、決算期についての変更はありません。

6.今後の見通し

分割当事会社は当社の子会社であるため、本吸収分割が連結業績に与える影響は軽微であります。

以上

(参考)2014年2月期連結業績予想(2013年4月5日公表分)および2013年2月期実績

2014年2月期連結業績予想および2013年2月期実績
  連結売上高 連結営業利益 連結経常利益 連結当期純利益
2014年2月期
業績予想
21,390 1,080 1,020 550
2013年2月期
実績
20,574 1,099 1,036 790