ホスピタリティ・PS活動HOSPITALITY

おくすりに「まごころ」を添えて。
ホスピタリティの考え方を大切にし、患者さまへの気遣いや心配りをかかさない薬局運営を行っています。

PS(患者さま満足度)活動

フラワー薬局では、“お薬に「まごころ」を添えて。”という言葉をキャッチフレーズに、日々の仕事に取り組んでいます。
薬局にいらっしゃる多くの方は心身に不調を抱えた患者さま。その負担を少しでも軽減して、治療のお役に立ちたいという思いから、患者さまの体調や気持ちを第一に考えた行動や環境づくりを大切にしているのです。
患者さまに満足していただくための取り組みを当社ではPS(=Patient Satisfaction)活動と呼び、社員が主体的にアイデアを出して、さまざまなさりげないおもてなしを実践しています。

お薬に「まごころ」を添えて。

お薬に「まごころ」を添えて。

薬局に来たくて来られる方はいません。患者さまの体調・気持ちを考えた行動や薬局美化を大切にしています。

患者さまがくつろげる空間づくり

待合室が患者さまにとって快適な空間となるよう、美化や感染対策につとめるとともに、待ち時間が苦にならない薬局を理想としてアメニティをご用意しています。カウンターの杖かけ、足の不自由な方や妊婦さんに負担をかけにくいハイスツールなど、薬局の声をもとに導入を進めています。

  • 杖かけ
  • 雨天時の貸し傘/タオル
  • フリードリンク
  • テーブルの設置
  • ぬりえ・キッズコーナー
  • マッサージチェア
  • 血圧計
  • 携帯電話充電器
  • 新聞・雑誌
  • あめ etc
  • 杖かけ
  • 貸傘/タオル
  • フリードリンク
  • テーブルの設置
  • ぬりえ・キッズコーナー
  • マッサージチェア
  • 血圧計
  • 携帯電話充電器
  • 新聞・雑誌
  • あめ etc
お薬に「まごころ」を添えて。 お薬に「まごころ」を添えて。 お薬に「まごころ」を添えて。 お薬に「まごころ」を添えて。 お薬に「まごころ」を添えて。 お薬に「まごころ」を添えて。

利便性の向上

フリーWi-Fiの提供、クレジットカード・電子マネー決済の導入など、患者さまの利便性を向上させる設備を積極的に採用しています。

薬局マナー集

身だしなみやあいさつなどの基本にはじまり、患者さまとのコミュニケーションにおける事例に対して、フラワー薬局のスタッフとして求められるマナーを「薬局マナー集」にまとめて配布しています。一人の社会人、医療人としてあるべき姿を共有した上で、個々の患者さまに合ったおもてなしを追求します。
また、第一印象を決める身だしなみについては、更衣室や休憩室に「身だしなみチェック用ポスター」を掲示して、常に患者さまの目にどのように映るかを意識しています。


フラワー薬局通信

お薬の服用方法や注意点、病気やお薬についての疑問等についてのコラムを掲載しています。

フラワー薬局通信を読む

↑