おもてなし・PS活動HOSPITALITY

調剤薬局において大切なことは、患者さまの安全性を最優先に考え、
正確で迅速な調剤を行うことです。薬剤師個々の意識はもちろんですが、
会社としてのルールや仕組みによって、更に安全性が高まります。
フラワー薬局では、患者さまに安全と安心を約束した調剤を行うため、
安全にこだわった薬局運営を行っています。

PS(患者さま満足度)活動

フラワー薬局では、おもてなし(ホスピタリティ)の精神を重んじています。患者さまにご満足頂くための取り組みをPS(Patient Satisfaction)活動と呼び、各店舗が主体的にアイデアを出し、様々な“さりげないおもてなし”を実践しています。

お薬に「まごころ」を添えて。

お薬に「まごころ」を添えて。

薬局に来たくて来られる方はいません。患者さまの体調・気持ちを考えた行動や薬局美化を大切にしています。

  • 待ち時間の短縮、事前お知らせ
  • 外出される患者さまへの呼出ベル、携帯電話へのコールによる対応
  • 処方せんは歩み寄って受付、座席での投薬
  • 問診票の代筆(目の不自由な方、お子さま連れの方等)
  • プライバシーに配慮(投薬カウンターのプライバシーボード)
  • タクシーの手配(前回タクシーを利用された方は薬歴に記録)

患者さまがホッとできる空間づくり

待合室が患者さまにとって快適な空間となるよう、美化や感染対策につとめるとともに、様々なアメニティをご用意しております。

  • 杖かけ
  • 雨天時の貸し傘/タオル
  • 給茶機
  • ぬりえ・キッズコーナー
  • マッサージチェア
  • 血圧計
  • あめ etc
  • 杖かけ
  • 雨天時の貸し傘/タオル
  • 給茶機
  • ぬりえ・キッズコーナー
  • マッサージチェア
  • 血圧計
  • あめ etc
お薬に「まごころ」を添えて。 お薬に「まごころ」を添えて。 お薬に「まごころ」を添えて。 お薬に「まごころ」を添えて。 お薬に「まごころ」を添えて。
薬局マナー集

薬局マナー集

身だしなみや挨拶に始まり、患者さまとのコミュニケーションにおける様々な事例に対し、フラワー薬局の薬剤師として求められるマナーを冊子にまとめ、配付しています。一人の社会人・医療人として、あるべき姿を共有したうえで、個々の患者さまに合ったおもてなしを追求しています。

見だしなみチェックポスター

見だしなみを常に意識するように、更衣室や休憩室に身だしなみチェック用ポスターを掲示しています。患者さまの目にどのように映るかを意識した、フラワー薬局の薬剤師としてふさわしい身だしなみを心掛けます。


フラワー薬局通信

フラワー薬局通信

お薬の服用方法や注意点、病気やお薬についての疑問等についてのコラムを掲載しています。

フラワー薬局通信を読む

↑