日本の酸素濃縮器届く=医療崩壊インド支援

【ニューデリー時事】新型コロナウイルスの感染「第2波」に苦しむインドに8日、日本政府が供与する支援物資の第1弾として、酸素濃縮器100台が到着した。首都ニューデリーをはじめ、医療用酸素が不足して入院患者が死亡している「医療崩壊」の現場に投入される。

インド政府によれば、8日朝(日本時間同昼)までの24時間で新たに40万人以上の感染が確認された。24時間ごとに集計される感染者数が40万人を超えるのは3日連続。死者は4187人で、初めて4000人を上回った。

日本政府は4月30日、酸素濃縮器と人工呼吸器それぞれ300台を供与することを決めた。日本外務省は声明で「友好国、パートナーであるインドの努力を支援」すべく緊急援助を行うと説明。米国やオーストラリアと共に「自由で開かれたインド太平洋」構想実現に向け連携する日印関係の重要性を強調した。

また、これとは別に、日本政府は今月5日、55億円規模の追加支援を表明、医療機材などを提供する。インドには既に十数カ国からの支援物資が到着している。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)