ワクチン副反応で19人死亡=アストラ製、30歳未満の接種停止―英

【ロンドン、ブリュッセル時事】英当局は7日、英製薬大手アストラゼネカとオックスフォード大が共同開発した新型コロナウイルスワクチンをめぐり、79人が副反応とみられる血栓を発症し、19人が死亡したと発表した。100万人に約4人の割合で発症するリスクがあるという。これを受け、30歳未満には別のワクチンを接種するよう勧告した。

欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)も同日、アストラ製ワクチンに関し、まれな血栓症を「極めて珍しい副反応」として記載すべきだとの見解を示した。副反応リスクが一段と顕在化したことで、現在アストラ製を審査中の日本の接種計画にも影響する可能性がある。

ただ、英当局は「接種の利点はリスクを上回っている」と指摘。EMAのクック長官も記者会見でアストラ製ワクチンについて「非常に効果的だ」と述べ、接種継続を訴えた。

英当局の発表によると、血栓を発症した79人のうち、女性が51人、男性が28人。死亡例のうち、3人が30歳未満だった。英国では既にアストラ製ワクチンが2000万回以上接種されている。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)