2030年までに20億人のオーラルケア習慣改善に貢献=米P&G〔BW〕

【ビジネスワイヤ】日用品大手の米プロクター&ギャンブル(P&G)は、健康的なオーラルケア習慣の促進と環境保全に取り組んでいると発表した。プラットフォーム「Healthy・Smiles、Healthy・Lives、Healthy・Planet」を軸に、同社ブランド「オーラルB」と「クレスト」を通じて、2030年までに20億人が健康的なオーラルケア習慣を身に付けることを目標として、オーラルケアのソリューションと教育へのアクセスの改善に取り組んでいる。同社はまた、持続可能性目標「アンビション2030」に基づいて環境フットプリントの削減を推進しており、100%リサイクル可能な歯磨き粉チューブへの移行を進め、プラスチックごみの削減につながるヘッド交換式歯ブラシも発売している。〈BIZW〉

【編注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)