米ファイザー、緊急使用許可を数日内に申請=コロナワクチン、有効性95%

【ニューヨーク時事】米製薬大手ファイザーは18日、独ビオンテックと共同開発中の新型コロナウイルスのワクチンに関し、数日以内に米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請する計画だと発表した。最終段階の臨床試験(治験)で、95%の感染予防の効果があったと確認。さらに、米当局が求める安全性の基準を満たしたと説明した。

FDAは年内にも緊急使用許可を出すとみられている。ファイザーなどは安全性や有効性に関するデータを海外の規制当局にも提出する。

発表によると、治験では170例が新型コロナに感染したが、162例は偽薬を投与した参加者で、ワクチン投与者は8例のみ。重症化した10例のうち、ワクチン投与者は1例だけだった。治験には約4万4000人が参加。安全性への深刻な懸念は報告されていない。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)