オンライン診療恒久化、「かかりつけ医」軸に=日医会長

日本医師会(日医)の中川俊男会長は14日の記者会見で、政府が目指すオンライン診療の恒久化をめぐり、「安全性と信頼性をいかに確保すべきか検討する必要がある。(認める場合は)かかりつけ医を基軸として考えるべきだ」との見解を表明した。

初診からのオンライン診療は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う特例として規制が緩和されているが、日医は恒久化に慎重な姿勢を示している。中川氏は会見で「初めて会った医師と患者がいきなりオンライン診療をするというのは、患者も非常に不安だと思う」と指摘。対面で診察したことがある医師のほか、地域の医療機関や学校医などであれば、恒久化の対象になり得るとの考えを明らかにした。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)