ブラジルのコロナ感染者250万人超=死者9万人超、世界2番目

【サンパウロ時事】ブラジル保健省は29日、新型コロナウイルスの累計感染者数が255万2265人、死者数が9万134人となったと発表した。いずれも米国に次いで世界で2番目に多い。新規の感染者数は6万9074人、死者数は1595人で、1日当たりではともに最多となった。

ブラジルでは感染第1波収束の見通しは立っていないが、病院の受け入れ態勢が整ってきたこともあり、各州や市は3月下旬から独自に続けてきた経済規制を段階的に緩和。未曽有の経済危機も底を打ちつつある。ただ、各地で年越しイベントの中止や来年2月のカーニバル延期が決まるなど、密集を避けるため行事自粛が相次いでいる。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)