ソフトバンクGがPCR検査会社=低価格・高頻度目指す

ソフトバンクグループ(SBG)は29日、新型コロナウイルスのPCR検査を行う子会社を設立したと発表した。国立国際医療研究センター(東京)と連携し、低価格・高頻度の検査手法を確立した上で実施を目指す。

新会社名は「新型コロナウイルス検査センター」(同)。比較的感染の危険性が低いとされる唾液を使ったPCR検査を取り扱う。検査を希望する自治体や法人などには、実費負担だけで提供することを検討している。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)