「通いの場」の事例集作成=厚労省検討会、介護予防推進で最終案

厚生労働省は29日、高齢者の介護予防推進について議論している有識者検討会(座長・遠藤久夫国立社会保障・人口問題研究所長)に最終とりまとめ案を提示し、大筋で了承された。高齢者が集い交流を楽しむ「通いの場」の普及に向けて、先進事例を参考に事例集を作成することなどを盛り込んだ。

「通いの場」は、高齢者が公民館などに集まって食事や運動を一緒に楽しむ取り組みで、介護予防に効果があるとされる。事例集の作成に当たっては、高齢者の年齢、性別、健康状態、関心の異なりなどに着目して先進事例を整理し、通いの場の在り方を類型化することも提案した。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)