高リスクPCI向け心臓ポンプ試験で良好な中間結果=米アビオメッド〔BW〕

【ビジネスワイヤ】循環器用医療機器大手の米アビオメッドは、同社の高リスクPCI(経皮的冠動脈インターベンション)向け心臓ポンプを使用したPROTECT・III試験の中間解析結果を発表した。使用されたのは「Impella・2.5」と「Impella・CP」で、いずれも米食品医薬品局(FDA)から市販前承認を取得済み。Impella単群の同試験では、先行試験のPROTECT・IIにおける大動脈内バルーンポンプ(IABP)対照群と比較して、90日目のMACCE(死亡、脳卒中、心筋梗塞、再手術)発生率が低かった。〈BIZW〉

【編注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)