「がん自滅」と健康食品販売=容疑で会社社長ら逮捕―大阪府警

「がん細胞が自滅する」などと宣伝し、医薬品として承認されていない健康食品を販売したとして、大阪府警生活環境課などは7日、医薬品医療機器法違反容疑で、東京都の健康食品販売会社「シンゲンメディカル」社長、藤岡成友容疑者(46)=東京都港区=ら4人を逮捕した。同課は、同社が3年間で約28億円を売り上げていたとみて調べている。

同課によると、4人はいずれも容疑を否認しているという。

逮捕容疑は、インターネットのホームページ上で、自社の健康食品でがん細胞が自滅するなどと宣伝。5~6月に大阪府内のがん患者ら3人に計3箱を約15万7000円で販売した疑い。

同課によると、同社は1箱2万~5万円超で販売していたが、製品は熊本県の食品加工会社から昆布エキスの食品として2000~3000円で仕入れていたという。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)