武田に170億円支払い命令=血友病薬の特許侵害―米陪審

【ニューヨーク時事】米デラウェア州の連邦裁判所の陪審団が、武田薬品工業傘下のバクスアルタに対し、ドイツ医薬品・農薬大手バイエルの血友病治療薬の特許を侵害したとして、1億5519万ドル(約170億円)の支払いを命じる評決を示したことが5日、分かった。

ロイター通信によると、バイエルの共同開発の相手である米バイオベンチャーがバクスアルタと独占ライセンス契約を結んだことで特許を侵害したと主張している。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)