再発性膠芽腫治療薬の治験を米FDAが承認=韓国ファーマブシン〔BW〕

【ビジネスワイヤ】韓国のバイオ医薬品企業ファーマブシンは、同社の膠芽腫治療薬「TTAC-0001」(タニビルマブ)の新薬臨床試験開始届を、米食品医薬品局(FDA)が承認したと発表した。TTAC-0001は抗VEGFR2抗体で、オーストラリアにおける再発性膠芽腫治療の第IIa相試験では、脳浮腫に奏功した。今回の承認により、同社はベバシズマブ(アバスチン)不応性の再発性膠芽腫患者を米国の施設で組み入れ、第2相臨床試験を開始できる。〈BIZW〉

【編注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)