がん増殖分子狙い撃ち=光線療法、効果向上も―甲南大

がん細胞に光を当てて死滅させる光線力学療法で、がんの増殖や転移を促す分子だけを狙って破壊する方法を開発したと、甲南大の研究グループが発表した。より効果的にがんを死滅させる治療法に応用が期待される。論文は11日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載された。

光線力学療法は、がん細胞に化合物を入れて光を当て、発生した活性酸素でがんを死滅させる。腫瘍の深い所で、低酸素状態にあるがんには効果が薄いことが課題だった。

がん細胞の増殖や転移を促す分子のタンパク質は球体構造で他の物質と結合しにくく、治療薬の開発が難しい。甲南大の三好大輔教授らは、がん関連遺伝子を特定のタンパク質に変換する核酸(mRNA)の構造に着目。他の物質と結合しやすい上、切断すればタンパク質が減り、がんを抑えられると考えた。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)